前へ
次へ

心惹かれる化粧品のポップ

私が買い物に行くとき、スーパーやドラッグストアで必ず立ち寄るのが化粧品コーナーです。
そのお店によってポップが様々で、自分の心に「ズキュン。
」と響くポップに出会ったら、その商品を買うかどうか悩みます。
なにか詳しい情報が上手に分かりやすく書いてあるだけで、買ってもらえるかもらえないかに別れてしまうほど重要なものではないでしょうか。
派手に目立つように書いてあるものから、細かく使用感や使用方法などを書いてあるものまで様々です。
中でも私がいつも心惹かれるのは、「こういう時にこの商品を使えばこうなります。
」とか、「実は気になっていたここにこれがぴったりです。
」など詳しく、状況等を書いてくれていたりしているものです。
ポップひとつで変わってくるっておもしろです。

化粧品販売におけるポップについて考える

化粧品が販売されるにあたっては、その宣伝力が消費者への販売につながります。
消費者にとっても、初めて購入して使用する商品については、わかり易い情報を欲しています。
化粧品販売では、売り場にポップでその商品の効能が示されていたりします。
手書きの場合もあれば、印刷されたものもあります。
百貨店などの売り場に大きなポップなどは余りみかけられませんが、街中のショップなどでは見かける事も多くなります。
販売する側では、消費者が一瞬で商品の特徴を捉える事ができる様にポップに表示しています。
消費者にとっても、端的に商品の説明を見る事ができるため、わかり易いものが望まれます。
ポップは、消費者の購買意欲を掻き立てる販売手法の一助となっています。

Page Top